ザ・おやじファイト

ザ・おやじファイトとは?

プロ・アマ問わず、30歳以上の健康な男性で、ボクシング経験者、またジム練習生であれば、誰もが参加できるボクシング・スパーリング大会である。

なでしこファイト

なでしこファイトとは?

プロ・アマ問わず、18歳以上の健康な女性で、ボクシング経験者、またジム練習生であれば、誰もが参加できるボクシング・スパーリング大会である。

ご挨拶

2006年11月5日ザ・おやじファイト第1回大会が行われてから現在に至るまで、おやじファイトは100回大会、1500試合を超え200回、300回大会へとその歩みを進めております。これも、全国の出場選手、ジム、ご家族、職場の方々、取引先の方をはじめとする応援の皆様のお力添えによるものと、この場を借りて深く感謝申し上げます。

闘いのリングにあがるには、トレーニングはもちろん、日程の調整、仕事の調整、ご家族との時間の調整など
多くの方の理解と協力が必要になります。リングで拳を交える選手は、赤コーナー1人、青コーナー1人。
しかし、それを支える力は何倍、何十倍であり、大会への出場によって、さらにその絆を強くすることができれば、それは皆様の喜びでもあり、私の喜びでもあります。

また、おやじファイトの兄妹大会として2009年4月に産声をあげた女子スパーリング大会なでしこファイトも、
地区大会、トライアルマッチなどの試合を重ね、なでしこファイト出場選手から女子プロボクシングの道へ
進む選手が何名も生まれております。

さらに、おやじファイトやなでしこファイトでお父さんやお母さんの試合を観戦した少年少女たちがボクシングというスポーツに興味を抱き、実際の挑戦することでボクシングのすそのが拡がり、将来のオリンピックメダリスト、世界チャンピオンが生まれることになれば、ボクシングという競技にかかわるものとして至福の極みであります。

今後ともザ・おやじファイト、なでしこファイトに御声援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

ザ・おやじファイト、なでしこファイト
大会実行委員長 郷 龍一

歴史

第1回大会が2006年11月5日に新宿FACEで開催された。この大会はNHK・日テレのニュースでも取り上げられた。このときの年齢は35歳以上であった。

2007年に王座も設定され、初代王座決定トーナメントが組まれた。この年には元世界チャンピオンの小林光二を始め、かつての名プロボクサーも参加しており、注目度も高まった。また年齢制限も35歳から33歳に引き下げられた。

2008年には初の地方大会も開催されボクシング聖地後楽園大会も開催、チャンピオンカーニバルも開催された。
各地にチャンピオンを設け2009年4月26日のモンデール銀座ホール大会では、女子プロボクシング本格始動に合わせるかのように「なでしこファイト」も開催。9月13日の第3回なでしこファイトではJBC女子より先にチャンピオンベルトが作られた。

2010年度より全国で年15回の大会を行うことになり、
年1回8月上旬の後楽園大会は統一チャンピオン戦が行われる。

2014年8月3日100回記念興行を後楽園大会で全16試合が行われた。

2015年4月末時点  115回 試合数 1534試合  全国チャンピオン98名

近年の大会は主に東京足立区扇にある扇橋会館B1ホールにて行われている。

地方では札幌・静岡・愛知・石川・大阪・兵庫・福岡・佐賀・長崎・熊本で開催
地方お問合せ

札幌市 K&KBOXING CLUB 011-737-6555
静岡県 ふじさん柏樹ボクシングクラブ 0544-23-2437
エフ・バードボクシングジム 054-273-4748
愛知県 ビートラッシュボクシングジム 0533-84-2770
ボクシング・スタジオ キューブ 0587-33-0166
石川県 GOLDENBOY GYM 0761-58-0803
兵庫県 戎FORTIFICARBOX 078-934-7570
佐賀県 ブラザーズジム 0952-32-1022

年齢別カテゴリー[編集]
おやじファイト

R30 30歳以上40歳未満
R40 40歳以上50歳未満
R50 50歳以上
OFB プロボクシングA級・トップアマチュア・その他格闘技上級経験者
RF 年齢カテゴリーでマッチメイク不可能な試合

なでしこファイト

R20 18歳以上30歳未満
R30 30歳以上40歳未満
R40 40歳以上

体重別階級
ザ・おやじファイト

フライ級 ~51.0kg
バンタム級 51.1kg~54.0kg
スーパーバンタム級 54.1kg~56.0kg
フェザー級 56.1kg~58.0kg
スーパーフェザー級 58.1kg~60.0kg
ライト級 60.1kg~62.0kg
スーパーライト級 62.1kg~64.0kg
ウェルター級 64.1kg~67.0kg
スーパーウェルター級 67.1kg~70.0kg
ミドル級 70.1kg~73.0kg
スーパーミドル級 73.1kg~77.0kg
ライトヘビー級 77.1kg~82.0kg
ヘビー級 82.1kg~

なでしこファイト

アトム級 45kg
ストロー級 48kg
フライ級 52kg
バンタム級 56kg
フェザー級 60kg

ルール
試合はオープンフェイスタイプのヘッドギアを着用。グローブは事務局が支給するもので、フライ級からミドル級までは14oz、ライトヘビー級以上は16ozを使用する。内側が5m以上7m31cm以内のリングを使用し、2分3Rで行う。審判はレフェリーとジャッジ3名。採点はプロ同様の10ポイント制でラウンド・マスト・システムを採用。
王座決定戦においてドロー判定を付けたジャッジは優勢を判断して勝敗を決める。スタンディングダウン・クリーンヒットダウンあり。ツーノックダウン制であるが、1試合にて2度のダウンでKOとなる。選手の安全などを考慮の上で、イエローフラッグ(一時中断)・レッドフラッグ(中止)が投げ込まれる。

スタッフ

運営大会実行委員長 郷龍一
コミッショナー 小林正博
関東地区事務局長 鮎川博之
関西地区事務局長 戎岡彰
九州地区事務局長 浮邊博信
レフェリー 朴善弘
朴大助
ジャッジ 殿村真功
八島有美
堅田剛
松沼誠太郎
高橋文雄
タイムキーパー 浮邊勝徳
リングドクター 二宮浩範
小山郁
山田徳久
  • チャンプレックス

PAGE TOP